『火星パンダちとく文学』情報は、未確認迷惑ブンガク物体ブログで!

地下城<新版>でタグ「小学生」が付けられているもの

選択の理不尽

|

私は選挙が心底嫌いで、今まで一度も投票したことが無いのです。
理由を尋ねられても、その都度「よく分からないから」「興味ないし」と取り合わなかったけれども、信頼できる人から改めてその理由を問われ、また長女が5歳ということもあり、多少真剣に考えてみたのです。

・政治が分からない
・各政党の違いが分からない
・立候補者をよく知らない
・選挙の制度を理解していない
・投票しても責任が持てない
・知らない人や政党を支持するということの不快
・休日を使うことの不快
・興味がない
・勉強や調べものが面倒くさい
・国民主権、国民が選ぶという体裁のうそ臭さ
・多数決が民意の多数派しか反映できないこと

一生懸命考えて、箇条書きにしてみたけれども、当たっていそうで、全部違う気がする。投票に行かない別の誰かを想像して語らせた台詞のようなヨソヨソしさ。

投票...。
小中学校や高校で生徒会長とか委員長とか決める時にも、投票は行われた。俺はやっぱり嫌いだったし、出来るだけ避けていた。実際すっぽかしたこともあったと思う。
だって単純に、友人関係が難しくなるし、負けた方が気の毒だし。
今でもあるんだろうか、小学生の生徒会長選挙戦。俺の記憶では、先生達もやけに厳粛な面持ちで、体育館に投票箱があって、列を組んで順番に、小箱の中に票を落とした。立候補した候補者達は、全校集会で演説していたと思う。みんな、自分のクラスの仲良し君に投票するわけだけれども、まれにクラスの生徒数の半分しか得票できなかったやつがいたりして、号泣しているのをみんなでニヤニヤ見物していた記憶もある。少なくとも、明るく楽しい思い出ではない。
国政選挙とは違うか?否、本質は良く似ている。
ただし、授業の一環かどうか知らないけれど、半強制的に参加させる学校内選挙の方が性質が悪い。立候補にしても、裏で先生が任意の優等生に入れ知恵していたし。そんな茶番でさえ、投票する側は、誰かを選ばなければならない。
例えば俺は、けんちゃんとも橋本さんとも市川君とも仲良しでいたいのに、誰か一人を選ばなければならなかった!
投票の後、誰に投票したか聞かれるのが恐かった。告白の勇気は無かった。
選挙で投票した人は、尋ねたら教えてくれるのだろうか?

誰か一人を選ばなければならなかった...
幼少の頃、父か母かいずれかを選べと、本人達から問い詰められたことが何度かあった。
「おい!ばばあと実家へいくか!え?」
「こんな所にいるとろくな目にあわんよ!」
「てめえは黙ってろ!おい、自分で決めろ!」
「言いなさい!どっちがいいの!」
もちろん、ギャア泣きする他なかった。間違っても、どっちがいいなどと口に出来ない。小さい子供にとって、親に好きも嫌いもない、優劣もない。どちらからも同じようにかまって欲しいのである。

選択の理不尽とは、私のとても古い、悲しい記憶なのでした。
私の、かなり深い部分に澱んでいる、性格決定因子。
任意の誰かを選ばなければならないことに対する私の嫌悪は、平たく言えば、ある種のトラウマだったわけです。

★2009年6月末日まで「chitoku TシャツSHOP」にて、カブトTシャツご購入の方に『火星パンダちとく文学』進呈中!⇒お申込みはメールで、Tシャツの注文控えを添付して、chikajoアットマークchitoku.netへ送信してください。(注:Tシャツの返品はご遠慮ください。。。)

BlogPeopleLinks

プロフィール

■chitoku(ちとく) 1969年山梨県生。様々な業態、職種で会社員として勤務する傍ら、『文芸山脈』同人を経て「村松恒平 文章学校」の案内係としてメルマガ編集・発行及び「文章ゼミ」運営に参加する。「文集 地下城」は詩歌を含む習作掲載サイト。2009年4月、同門の上野家ぱん駄、火星紳士との合体作品集『火星パンダちとく文学』で掌編小説作家としてデビュー。

火星パンダちとくのちとくです。

あわせて読みたいブログパーツ

Stats Counter

  • 7396

Powered by Visitor Stats